何だか買うべきだったマンハッタンポーテージ

現在必ず街角でよく見かける裏面が「マンハッタンポーテージ」の裏面。赤いビルの画題のタグが付いているあの裏面だ。大学生は通学用のリュックで秘めるし、通勤用の商売裏面としてビジネスマンも持っています。シンプルで機能的、しかもメッセンジャー裏面として丈夫なつくりなので長く使えます。立ち向かうお店も増えたおかげでこういうバックを見かけない日はないくらいに流行しています。そうしてこういう「マンハッタンポーテージ」のバックを見分けるたびに自責がよぎります。「昨年買っておけば良かった〜」というのも昨年はからずもマンハッタンポーテージのお店を見ていたところ仕事場限定セールスのリュックが売っていたのです。紺色本拠地のリュックでフラップの点が花上という少しガーリーな構想でした。果てしなく気になって心持ち瞬間惚れもしたグッズでしたがまさか体積が普段使いとしては大きすぎるかなと思ってスルーしてしまいました。ただし通年たった今も「必ずあのご時世買っておくべきだった!」とウジウジ後悔していらっしゃる。だってその紺色の花上のリュックを誰かが秘めるのをいまだ見かけたことはないからです。そうなんです、もしも買っていたら、何方ともかぶらないマンハッタンポーテージのリュックだったのになあ〜

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする