母親の友人関連は小さいけれどほんとに奥深い人付き合い

こちらは40代のマミー。お子さんは6年という9年の乙女。養育のベスト一大状況は過ぎて、ひと段落ついた気がする。此度、私のTELのアドレスに入っているのはほとんどお子さんの小学生や幼稚園の女房関係の顧客ばっかり。こいつには自分でも驚いてある。予めこちらはお子さんが不向きで、自分のお子さんを宝物のように大事に抱え、ママが数人集まればお子さんの相談ばっかり、それでもひとつお子さん友人が障碍も起こそう存在なら一日で関連が終わりそうな女房支援という部族が怖かった。初めてのお子さんが生まれた時は、極力ママたちが群がる地点を避けて生きてきたけど、二人眼のお子さんが入った幼稚園は幹部や女房同士のゆかりが非常に密で、交流がお断りとも言ってられなくなった。ウィークデーも機会に忙しく、幹部は機会前ともなるとはじめ週の幾分は出てるんじゃないかと想うほどに幼稚園に出ずっぱり。その流れで自然に昼めしやお茶が増えた。勝手に女房という部族を怖がって来たけれど、恐い顧客なんてそんなにいない。軒並みお子さんを頑張って育てながら、所帯に業務に幹部に奮闘する同志です。自分が実態をぶち壊した時も、お子さんが病の時も、家庭の中がつらい時は不平まで聞いて心配して助ける。なんなら彼によって分かっていただける。お子さんはベスト大切な宝物でかわゆい。そうして、産まなければこの人たちにも絶対に出会わなかったんだという。おそらく一生女房という部族を避けて生きていただろう。お子さんはこちらにそういう意味でも知らなかった国々を教えてくれた。こちらにおいて今身の回りになった女房支援は、きっとお子さんが大きくなっても友達のままでいられるかけがえのないサイドになった。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする