免疫を決めるだけじゃない、驚きの「あいうべ体操」

夏休みに彼の家に娯楽に行ったときのことです。彼の父さんはリーディングが大好きで、図書館で借りて来たり古本屋で買ったりして、各種文献を読んでいる。主によむのは屈強に対する文献から、当方におけるひとつの屈強体操を教えてくれました。それは、「あいうべ体操」という口の体操でした。口をものすごく開けて、あー、いー、うー、べー(舌を繰り出す)という移すだけの体操なのですが、父さん曰く耐性が高まってインフルエンザのガード効果があるについてでした。インフルエンザにかかりやすいシーズンもあったので、それからは家でやるように努めました。そのお陰かインフルエンザにはかかりませんでした。ふっと気になってその結末を、いま自分でもネットで調べてみました。以外にもたくさんのサイトが成功し、あいうべ体操が世に大きく知られていることに驚きました。父さんの話し出しでは、小学生で取り入れたら結末があったという文献に書いてあったについてだったので、たまたま幼児やお婆さんモードなのかなぁとしていたからだ。サイトを仲間見てみた部位、インフルエンザの他にもたくさんのことに効果があるとあり更に驚きました。いくつか挙げると、いびき、小風貌、口臭、歯ぎしり、スキン炎、アレルギー性鼻炎、アトピーなどです。口が変わりっぱなしだったのが締め切るようになり、その結果、体に良い動作がはたらくのだそうですが、うつ病にも効くとあり、またまた驚きました。これからは家で本当に通常決めると思います。とにかくみなさんもお試し下さい。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする